トチノキ、アケビ、ボケ、桃、梨、キアゲハ


マロニエの仲間、トチノキ(栃の木, Aesculus turbinata)が芽吹いていた。

札幌、薄曇り。気温は少し下がる。が、このところ暑い日が続き、植物界は一挙に賑わってきた。日に日にその勢いは加速している。


アケビ(木通, Akebia quinata)の雌花と雄花が。


蝦夷の小林檎の新芽と銀杏の若葉が。


ボケ(木瓜, Flowering Quince, Chaenomeles speciosa)の白花と赤花が。


桃の花と梨の花が。


桜の仲間たちが。


そして、極めつけは、キアゲハ(黄揚羽, Old World Swallowtail, Papilio machaon)...。英名に「旧世界」とあるのは、北アメリカに生息するキアゲハによく似たアメリカキタアゲハ(Anise Swallowtail)と区別するためらしい。後者がいわば「新世界のアゲハ」というわけだ。

***


トウモロコシ畑の耕された土の表面。「耕すって、いいなあ。耕すって、いいなあ。」という声がどこかから聞こえた。