メタ書籍検索エンジン:想-IMAGINE Book Search

私のネット生活というか検索生活はまだ未熟でちゃんと整理されていない。どこかちゃんと整理したくない気持ちも働いていて、検索による「意外な出会い」を求めるロマンチックなヤワなところがある。非定期的にある程度絞られたターゲットを狙うとき、例えば書籍の場合、重宝しているのが、このメタ書籍検索エンジンだが、皆知ってるのかな。

「想-IMAGINE Book Search」
http://imagine.bookmap.info/imagine




ご覧のように、「想-IMAGINE Book Search」がマッシュアップ(ってこういう使い方をしていいのかちょっと自信がない)しているデータベースのリストは、「新書マップ・テーマ」、「Webcat Plus」、「goo Wikipedia記事検索」、「新書マップ・本」、「Book Town じんぼう」、「文化遺産オンライン」、「松岡正剛の千夜千冊」、「ウィキペディア」である。結構凄い。「新書マップ・テーマ」で背表紙が見られるのも嬉しいし、連想検索もしてくれので、かなり役立つ。
ちなみに、写真は「クレオール」を検索したときのもの。
新書マップ・テーマ」では、小泉八雲言語学言語学の巨星、妖精、ことば、アイルランド、英語公用語論の7件それぞれに10冊程度ずつの背表紙、「Webcat Plus」では全114件、「goo Wikipedia記事検索」では全126件、「新書マップ・本」では全4件、「Book Town じんぼう」では全5件、「文化遺産オンライン」では0件、「松岡正剛の千夜千冊」では全10件、「ウィキペディア」では全99件。またweb Search機能も備えている。結構発見がある。これは日本では最強の書籍検索エンジンなのではないかな。皆使ってるのかな。